越上山


どうも!山隊隠れキャラのHiLoです。

時間が経ってしまいましたが4/22(日)の、秩父・奥武蔵エリアの山行報告します!

コース

(西武池袋線東吾野駅-ユガテ-エビガ坂-(コース外れ…復帰)-一本杉峠-越上山-顔振峠

-役の行者-黒山三滝-黒山鉱泉-東武越生線越生駅)

09:40、東吾野駅に降りる。
上手く西武秩父行きの速いやつに乗れたので良かった。
改札を出る時、70くらいのおっちゃんがSuicaで通って行ったが、

チラッと見えたチャージ額が2万4000円くらいあった!

入れてるねぇー!
私のSuicaは…残高不足で差額を駅員さんに払う(笑)

駅前に20人くらいの団体さんがいる。取り付き前に追い越させてもらおう。
10:25、ユガテ、10:35、エビガ坂。

この辺りで中年のトレランの人が、後方から軽快に走り抜けて行った。

そして前方からは木の杖を持った女性ソロの先輩。
しっかし、この辺りの山域は、道が豊富にあって、非常にルート維持しづらいですよ。

進んでみたら林道だったり、車道にでたり、道が無くなったり、結局つながっていたりする。

11:00、コースをロスト(笑)あれ、車道歩きがこんなに長かったかな。。

車道だからまだ安心出来るけども。
ちょい前に車道に飛び出した時に会った、バンダナを巻いた長渕みたいな人が追い付いて、

どこを目指してますか?

と声を掛けてくれた。
越上山です、というと、ああ、道を一本見逃してますよと教えてくれた。

長渕親切!
言う通り戻ってみるとああ確かに、何でこれ見落とすんだという位のちゃんとした分岐が。。

11:20、ルート復帰。

11:30、雨のような霧様な感じになってきたが、雨具を出すほどのことはない。

11:40、一本杉峠。
越上山はマイナーな山なので、向かうには、義経伝説で知名度が

ある(とされる)顔振峠の標識を辿っていく。

ようやく越上山という看板が出て来たのは、山頂まで20分となった時。
12:10、越上山頂上。

雨はますます大丈夫な感じになり、12:50、顔振峠。
うーん、絵に描いたような峠の茶屋的雰囲気。車でも来れるため、けっこう賑わっています。

天気が良ければ、ここから真っ白な富士山の頭が見えるらしいです。

…この日は見えませんでした。。

13:20、役の行者。ここは見逃しそうになるが、面白い石像がある。
表情のある像たちです。

どんどん下って行くと沢の音。13:50、黒山三滝と、三滝マス釣り場。
これは夏に来たら涼しそうだぞ!
三滝を堪能すると、黒山鉱泉に着き、ここで立ち寄り湯。
そんなに広くはないのだが、なかなか綺麗。時間帯が良かったのか、貸し切り(^O^)
さっぱりした所で帰りのバスに乗り帰宅。

行動中は雨に降られず快適に移動出来て良かったです。
まだあまり使い方が分かりませんが、
これからも秩父、奥武蔵を中心に山行記録をどんどん投稿したいと思います(^o^)/