六甲全山縦走3


P3016640

【第4回目:六甲有馬ロープウェイ山頂駅~宝塚】

日曜日の山デーが雨!(T□T)
ということで旦那くんの山デー(土曜日)と日を変えてもらい縦走の続きをしてきました。

距離が長いので5:30起床。

急いでベビ蔵を起こして授乳。素早く飲ませようと試みましたが我が子はマイペース。
終始スローです。

満腹でニヤニヤ
DSC_0199この顔を拝んでいたら行けなくなりますね。

さあ長時間歩くのでおっぱいを空にして出発です!

 

始発のケーブルに乗車。

 

P3016635
P3016639
お客さんはたったの3人。ひろびろ~
P3016636 ほぼ貸切です。

 

天気は曇り。下界は雲で真っ白。

P3016642
六甲ガーデンテラスは始発バスは停車しないため、近くの六甲有馬ロープウェイ駅からスタートします。

P3016643
 

体調よし、睡魔あり、胃もたれあり。
昨晩、真央ちゃんの特番を見て夜更かししたのと朝ごはんの食べすぎで胃がトリプルアクセルに!

そういえば学生時代のクラブの友人が「私たちには0か100しかない」と言っていたのを思い出しました。
体育会クラブで「全くしない0%」か「100%する」の二者択一でやってきたので
「ほどほど」とか「腹八分目」を知らないんです。だからごはんは十分目まで食べる。
つまり胃もたれはしょうがないんです。そうだそうだ。

 

 

P3016644
さあ、まずは六甲最高峰へ。
いきなりの雪道でアイゼンを装着。

P3016647 登りのため体はポカポカ、早速シェルのベンチレーションを最大にします。

P3016718
ファイントラック好きの旦那くんのシェルは、ウィンドブレーカーなのに大きなベンチレーションがあります。着たまま体温調整ができるので気に入ってしまいました。
旦那くんのものは私のものという感じでジャイアンのように着続けています。

 

さて、45分で六甲最高峰に到着。

P3016649
P3016652 早朝は誰もおらず独り占めできます。
しばらくしてトレランのお兄さんが来たので写真を撮ってもらいました。
P3016650
テヘ(´一`)

途中、石宝殿へ寄り道

P3016655
家族杉に心が和みます。

P3016657
 

続いて東縦走路へP3016658
P3016659
ここから12キロの道のり。長い!

P3016661
頑張る!

 

宝塚まではほとんど下りです。

 

下る

P3016665
休憩

P3016671

下る

P3016669
休憩

P3016673ふい~

P3016664
ランチ!

P3016707
足がつらないよう昆布と海苔をふんだんに使ったスペシャルおにぎりです。

疲れた体にしみます。

 

 

ところで1人で登山する人は一体どんなことを考えて登っているのでしょうか。
私は次の山行計画を練ったり、山ごはんや1週間の献立を考えたりしています。
今回は私の好きな2大芸能人、三浦春馬くんとオードリーの春日、どっちと一緒に登山したら楽しいかを真剣に考えていました。

 

どうでもいい話ですね…

 

 

 

P3016712
1時間ほど歩いて塩尾寺に到着。足が笑ってヒザ神のような歩き方に。

疲れがピークに達したとき、思い出したのがフィギュアの町田選手の言葉。「ソチでは自分至上、最高の演技を見せる」
力が出ました。なら私は「六甲でプー至上、最高の歩きを見せる!」
足はカックカクですが宝塚までもう少しです。ガンバ!

 

さあ視界に大劇場をとらえました。

P3016716
3月1日の今日は宝塚音楽学校の卒業式。すみれの花咲く頃を歌って下山。
そして頑張った体にプチ贅沢。

P3016724

 

 

歩き始めて約5時間。

山と高原地図とほぼ同じタイムスケジュールで宝塚に到着しました。

授乳予定時刻を越えていたので猛ダッシュで帰宅します。

DSC_0221
戻ったよ~

ベビ蔵をグリグリしてホッと一息。

そしてフィギュアスケート好きな私は、ベビ蔵を「滑れる山男」にしたいと旦那くんに打ち明けたのでした。

つづく

 

 

 

P3016726
出産から3ヶ月半。やっと念願の六甲全山縦走が終わりました。
足腰の痛みはなく、出産前の体にほぼ近づいたと思います。ベビ蔵を抱えて柔軟や腹筋を続けていたからか…この感じで体力作りをして、暖かくなったらさらに山を楽しみたいと思います。

 

ヤマレコはコチラ↓

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-411519.html